よしかい針灸院
 TOPに戻る 当院について 症状別解説 よくある質問  
症状別解説
 
  ひざ痛と鍼灸
   
ひざ痛でよしかい鍼灸院へ来院する方へ

ひざの痛みを抱えている方は比較的ご年配の方に多い様に思います。
ひざは身体の中でも大きな関節にあたります。
また体重が直接かかる関節でもありますので、痛みを抱えている方は歩行もおつらく悩ましいことと思います。
以下によく来院される方のひざ痛の種類をあげてみます。
慢性的なひざの痛み。
運動によりひき起こるひざの痛み。
変形性膝関節症などの関節の変形を伴うもの。
慢性的なひざの痛みに加え、熱っぽさや水がたまるなどの症状が現れているもの。
などです。
痛む部位ですが、ひざの内側の痛みを訴えられる方が多い様に思います。
ひざのお皿の周辺や外側、ひざ裏が痛む方もいます。
痛み方は立ち上がるときに痛むとか、歩いて痛む、平地は平気だけど階段や坂で痛む、冷えると痛む、気圧の変化で痛む、などなど様々です。
ひざが痛む原因をいくつか挙げていきます。
まず、筋肉やスジの炎症、あるいはかたさが原因となっている場合があります。
足にはひざを曲げたり伸ばしたりするために、いくつもの筋肉がひざをまたぎ、ももやおしりから、ひざ下までくっついています。
これらの筋肉がうまく働けていない時、ひざの痛みが出てきます。
これには十字靭帯や側副靭帯などの、ひざ内部の腱も含みます。
東洋医学では筋肉や腱、スジは肝臓と深いつながりを持っていると考えます。
又、肝は血臓といって血液とも密接に関わります。
筋肉や腱、スジにうまく血がまわらなかったり、また肝の作用である疏泄がおちることにより筋肉、腱、スジの滑らかな動きが阻害されたりすることに起因するのです。
ですから治療は肝を主体とするものになります。
もちろん、ひざにも鍼やお灸をしますが大元、今痛みが出ている理由の部分を良くしていくことが早期の寛解に繋がるんですよ!
次に骨密度や軟骨の減りによるものがあります。
これはやはりご年配の方に多いですね。
腎のアンバランスに起因する場合が多いと思います。
実は年齢を重ねるほど腎は弱くなるんです。
しかし、これは生理的な事で誰しも同じなのでご安心ください。
これは生命力の根源を腎に求めているからなんです。
東洋医学では先天の精とか命門なんて言います。
年齢を重ねると、腎と関わりの深い耳骨髪に変調が起きてくるのです。
耳が遠くなったり、骨がもろくなったり、髪がうすくなったり…
この場合、治療は腎を中心としたものになってきます。
次に変形性膝関節症ですが、これは慢性的なひざ痛から移行する場合が多いです。
長年シップを張り続けたり、何回も水を抜いた、なんて方が結構います。
ひざが熱を持ったり、水がたまるにはちゃんと訳があるんです。
熱が出なくてはいけない時に冷やしたり、水が関節に集まってきて冷やそうとしている時にその水を抜いてしまうと、ひざそのものの形を変えてしまうことがあるのです。
変形してしまった形は元には戻りませんが、痛みは緩解しますからご安心ください!
東洋医学では大節(大きい関節)は脾の主りと考えます。
水が溜まったり熱を持ったりというのは身体の中の水が悪さをしている(湿病)場合や、陽気の発散が足りず肌肉(身体の表面、浅い所)で水が停滞している場合などがあります。
これも脾とつながりが深いんですよ。
ですから脾を中心とした治療になる場合が結構多いのです。
さーここまで述べてきたものはごくごく代表的なものであります。
実際には変形性膝関節症で肝や腎を中心に治療していく場合も多々あります。
個人個人でひざの痛みやそこに内包される熱や冷えは大きく異なるからなのです。
どこの五臓六腑を治療していくのか?ひざに対する鍼やお灸は?
など千差万別です。
ひざ痛でお悩みの方は是非一度、鍼灸治療を受けられることをおすすめします。


前の症状へ症状別解説のもくじへ次の症状へ

ページトップへ



  このページに登場した用語の解説
   
  疏泄(そせつ)
  肝の働きの一つです。
肝はスムーズで秩序があることを好みます。
気の流れや血の流れ、消化活動や感情の変化が
秩序だっているのは肝によるところがあるのですよ。
 
▲本文へ戻る▲


  先天の精(せんてんのせい)
  生命の大元の事を言います。これは腎に蔵されています。
父母から受け継いだものなので個人差があります。
また生きている間、これは飲食物や呼吸により取り入れられたエネルギーにより補填されていきますが、それでも次第に無くなってゆくものなのです。
 
▲本文へ戻る▲


  命門(めいもん)
  先天の精(気)が蔵されている所、あるいは命門自体で生命力の根源、生化の源と考える事があります。
左腎、右命門と言うように右の腎が命門である。とする考えや腎間動気説など様々ありますが、腎と生命力の根源は密接に繋がっているとする所は諸説一緒です。
 
▲本文へ戻る▲


  主り(つかさどり)
 

東洋医学では様々な生理作用、組織、器官を五臓六腑と関連づけて考えます。
「主り」自体に意味はいくつかありますが、ここでは支配や関連、管理している、という様な意味合いです。

※古典には素問・宣明五気論などにその記載があります。

 
▲本文へ戻る▲


  湿病(しつびょう)
  湿気が絡んだ病態のことを言います。
湿気の多い場所に長くいたり、湿気の多い時季になりやすいです。
また雨に濡れたり、たくさん汗をかいてそのままにしていてもなります。
これらを外湿といいます。
また、冷飲食や薄着、暴飲暴食や脾胃の虚弱などから身体に湿が溜まることがあります。
これを内湿といいます。
湿があると関節が冷えたり腫れたり熱を持ったりするんですよ。
 
▲本文へ戻る▲





ページトップへ
 
  診療時間・診療日
   
×
診療時間: 9時30分~19時
※日曜日は14時が最終受付となります
休診日:水曜日
※土曜、日曜、祝日も診療いたします

  治療代金
   
一般
4000円
高校生 3000円
小・中学生 2000円
小児 1000円
※税別

回数券がお得です!
5回券、11回券をぜひご利用ください。
5回
2万円(税込) 1000円お得!
11回 4万円(税込) 6200円お得!


  ご予約・お問合せ
   
ご予約はお電話で
0465-43-9067

ご質問・お問合せはこちら
メールでのお問合せ
※もちろんお電話でのご質問、お問合せもお気軽にどうぞ!


よしかい鍼灸院へのアクセス

よしかい鍼灸院のブログ

よしかい鍼灸院 院長の旅ブログ